ホットパック 医学的検証データ

研究テーマ

新蓄熱素材Nopos®を使用したNEW乾式ホットパックの効果に関する医学的研究
          (第一段階:人体に対するキャットベリの温熱効果について)

研究者

長崎大学大学院医歯薬総合研究科保健学専攻   教授 吉村俊朗
                               准教授 村田 潤
                               助教  中野治郎

研究結果

<実験@:ホットパック保温機能>

≪評価≫
NEW乾式ホットパック(“Cat-belly®シリーズ)は、
従来のホットパックに比べて高温状態を長時間、
保っている。
 

 

<実験A:ホットパック添付中の皮膚温の変化>

≪評価≫
NEW乾式ホットパック(“Cat-belly®シリーズ)は、
治療開始直後から皮膚を加温できる。
又より多くの熱量を速やかに生体に
伝導することができる。
NEW乾式ホットパック(“Cat-belly®シリーズ)は、
ヒト皮膚に熱傷をもたらす危険性は低い。

 

<実験B:ホットパック添付による血流変化と添付後の皮膚温変化>

 

 

 

≪評価≫
NEW乾式ホットパック(“Cat-belly®シリーズ)施行後の血流量は、5分後150%増加し、
30分後でも50%増の状態を保った。NEW乾式ホットパック(“Cat-belly®シリーズ)は、
広範囲に、均一に39〜40℃まで皮膚温度が上昇し、より長く高温部が残存する。
よって、NEW乾式ホットパック(“Cat-belly®シリーズ)は、より大きな生体反応を引き起こし、
温熱効果を得ることができる。

 

<実験C:ホットパックの連続使用能力の検討>

≪評価≫
NEW乾式ホットパック(“Cat-belly®シリーズ)は、1人目施行(15分)から
1℃以上の低下を示したのは、5人目であった。NEW乾式ホットパック(“Cat-belly®シリーズ)は、
少なくとも“4人目”までは、ほぼ同じ温度(1℃以内の範囲)まで、皮膚を加温することができる。

【総括】

NEW乾式ホットパック(“Cat-belly®シリーズ)は、
@ 加温器から取り出して、そのまま使用できる簡便かつ
A 安全なホットパックであり、
B 従来のホットパックと比較して保温機能に優れ、
C 温熱効果を発揮できる
ものと結論する。

▲トップに戻る